農業のなはし
農産物直売所
浮野みそのご案内
地域産品のご案内
れすとらんコスモのご案内
グリーンツーリズム推進講座のご案内

お 米 栽培面積・生産量は県内第1位で、美味しいお米の産地として知られています。
野菜類 キュウリは高品質な施設栽培により、県内第3位の生産量を誇ります。
茄子はビニールハウスや露地で栽培されています。
このほか、まいたけ・しいたけ等のきのこ類、完熟トマト等も生産されております。
果物類 梨(幸水・豊水等)やブドウ(巨峰)の生産が盛んです。
イチゴは、出荷用としては県内で加須市が一番初めに栽培を始めました。
花 卉 観葉植物、バラ・カーネーション等の切り花、シクラメン・ゆり等の鉢物、洋ラン、パンジー等の苗物等が栽培されております。平成13年3月に市内樋遣川地区に花植木市場が新たに開場されましたので、今後これらの生産の拡大が期待されます。
畜 産 養豚と養鶏が法人化された経営体等で行われています。
その他 錦鯉・金魚等の鑑賞魚やホンモロコ等の食用魚の養殖も、県の研究・指導機関や水産流通センターが市内三俣地区にあるほか、水利等の自然環境にも恵まれており昔から盛んです。


特産物としては、平成元年に市・JA・商工会・農家のお母さんたちの出資により第三セクターの(株)浮野食品を設立し、市内産の高品質のお米と転作大豆を使用した無添加手づくりの「浮野みそ」を製造しています。
平成13年2月からは加須未来館の農産加工室で製造をしています。
これらの新鮮で安全で美味しい農産物等は、JAや加須市グリーン・ツーリズム振興組合で運営している市内の農産物直売所で購入できます。
加須未来館は、都市住民と農村との交流(グリーン・ツーリズム)の中心拠点施設として整備されました。今後もいろいろな交流事業を展開し、加須北部地区(大越・樋遣川・三俣)にある自然や地域資源等を活用した農業農村の発展が期待できます。

  加須未来館
〒347-0002 埼玉県加須市外野350番地1 
TEL.0480-69-2160 FAX.0480-69-2161